亜鉛は髪にも良い|髪をフサフサにする亜鉛サプリランキング

亜鉛は髪にも良い|髪をフサフサにする亜鉛サプリランキング

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加
髪の毛のための亜鉛サプリの選び方

髪の毛のために亜鉛サプリを選ぶなら、幾つかのポイントに注意しましょう。サプリはあくまでも健康食品で食べ物と同じ位置づけとなります。薬ではありませんから飲んだからといってすぐに効果が得られるわけではありません。しかしできるだけ髪への変化を感じやすい飲み方をしたいと考えている方は多いはず。次の注意点に気をつけながら選ぶことをおすすめします。


天然原料であること

ミネラルは他のミネラルとのバランスが重要です。亜鉛のみが含まれるサプリだと銅とのバランスが悪くなり貧血になることも考えられますから、食品に含有している亜鉛を利用しましょう。牡蠣のようにミネラルがバランスよく含まれている食品を原料にしたもののほうが副作用が少なく、過剰摂取のリスクも避けられるといえます。

亜鉛の量が十分あること

亜鉛はもともと体の中での吸収量が少なめです。最大でも40%前後のためサプリに含まれる亜鉛の量は多いほうが良いでしょう。しかし摂りすぎも副作用の心配がありますから、最大1日30mgを限度に考えてみてください。サプリで選ぶ場合は10mg以上20mg以下がおすすめです。

定期コースがあるか

亜鉛は毎日定期的に摂取しなければならない必須ミネラルです。一袋のみで止めるのではなく、ずっと続けることが大切です。そのため定期コースなど続けるためのシステムが調っている商品が良いでしょう。


髪フサフサの亜鉛サプリランキング

なぜ現代人には亜鉛が必要なのか?それは亜鉛はたんぱく質・DNAの合成に必要なミネラルで、体の中ではつくることができない栄養素だからです。不足すれば細胞1つ1つの代謝に影響を及ぼし、酵素やホルモン・免疫細胞などへの作用も低下してしまいます。
亜鉛の摂取は、髪のために必要不可欠な亜鉛サプリメントをランキング形式で紹介していますのでチェックしてみましょう。


1位 贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα

1日の摂取量 3粒
1日分の亜鉛含有量 16mg
商品概要 広島県産の牡蠣、アンデスの女王マカ、高麗人参と3つの天然成分が含まれています。1日亜鉛が16mg摂取できる商品です。
配合成分 牡蠣、マカ、高麗人参
粒数 90粒
形状

ソフトカプセル


お申込みはこちら詳細はこちら

2位 マイナチュレ

1日の摂取量 3粒
1日分の亜鉛含有量 13.34mg
商品概要 髪、美肌、めぐり対策ができる成分が1日3粒で摂取できる商品です。植物酵素やビタミン、ミネラル、たんぱく質などが含まれます。
配合成分 アミノ酸、天然タウリン、ミレット、植物酵素、ビタミン、ミネラル、コラーゲンなどの美容成分
粒数 90粒
形状 カプセル

お申込みはこちら詳細はこちら

3位 ミルク牡蠣サプリメント

1日の摂取量 2粒
1日分の亜鉛含有量 記載なし
商品概要 能登半島産の牡蠣を30時間じっくりと煮詰めてエキスにし、ロッカクレイシと無臭にんにくも加えたサプリメントです。
配合成分 牡蠣、ロッカクレイシ、無臭にんにく
粒数 60粒
形状

ソフトカプセル


お申込みはこちら詳細はこちら

4位 海乳EX

1日の摂取量 3粒
1日分の亜鉛含有量 12mg
商品概要 広島県産の牡蠣を使用したサプリメントで、牡蠣エキスの補給のみに特化しやすく、毎月続けやすいシステムもある商品です。
配合成分 牡蠣
粒数 62粒
形状

ソフトカプセル


お申込みはこちら詳細はこちら

5位 カキプラスZ

1日の摂取量 4粒
1日分の亜鉛含有量 7mg
商品概要 瀬戸内海産の牡蠣を原料としたサプリメントで、セサミン・クルクミン・ブルーベリー葉エキスと年齢対策に使える成分が詰まっています。
配合成分 牡蠣、セサミン、クルクミン、ブルーベリー葉エキス
粒数 120粒
形状 錠剤

お申込みはこちら詳細はこちら

亜鉛と髪の深い関係性

髪に含まれる栄養素の中で最も多いのがたんぱく質です。髪をフサフサにしたり美髪に導くためにはこのたんぱく質がなければ始まりません。そしてこのたんぱく質はこの栄養素単体では合成させることはできないのです。たんぱく質合成に関与しているのが亜鉛となり、髪の成長には良質なたんぱく質+亜鉛の2つの要素が重要となります。
さらに重要となるのが摂取する際のアミノ酸スコアです。髪のまわりを覆っているケラチンは複数のアミノ酸が合成した形となっており、1つでもアミノ酸が不足すると不完全なケラチンになってしまうのです。ケラチンに必要なアミノ酸は18種類ですから、食品やサプリなどで良質なアミノ酸を摂取しながら、それを合成に導く亜鉛を同時に補えるものがベストといえるでしょう。
また、頭皮の潤いや健康を守るコラーゲンもアミノ酸が組み合わされています。コラーゲンは頭皮の弾力や保水力にも影響を及ぼしますから、食品などでたんぱく質と亜鉛を摂取しながら合成を高めることが必要です。頭皮が健康であれば髪への栄養供給も改善され、髪の成長を促がしたり美髪に導くと考えることができるのです。


髪の毛の構成に必要な亜鉛

髪の健康を守るためには髪を構成している成分を知るのが一番です。原料となるものを食事から取り入れることで、髪の合成を促がしフサフサに導いたり美髪にも繋がるといえます。髪の健康を守りたい方は外側からのケアの前に食べ物で内側から合成を高めましょう。
髪の構成成分の90%以上を占めているのがケラチンと呼ばれるたんぱく質です。そしてこのたんぱく質には多数のアミノ酸が含まれており、18種類のアミノ酸が必要となります。このアミノ酸のなかでも割合が14~16%と高いのがシスチンです。ほかにもグルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などもついで多く含まれます。
髪に多く含まれるシスチンはメオチンという必須アミノ酸から作られるため、体では合成できず外側から補うしかありません。大豆食品、肉類、魚類、卵、乳製品から摂取できるため、バランスの良い食事が必要となります。
次に重要となるのがこのアミノ酸を複数組み合わせて合成させるために必要となる亜鉛です。髪を構成する成分はアミノ酸、亜鉛の両方があってはじめて合成に導くことができます。しかし日本人はたんぱく質摂取量が減少している傾向があるため、たんぱく質摂取量を増やすことも意識してみましょう。


髪の美しさを保つためにも亜鉛は不可欠

毛髪の太さは経年により減少することがわかっています。
30歳くらいから徐々に下降しだし、70代になるとガクンと下がっています。
30代くらいになると多くの方が「髪にボリュームが無くなってきた」「髪全体の量が少なくなってきた」などのトラブルを感じ出します。実はこれ、髪の主成分であるたんぱく質合成量とも関連性があるのです。
なかでも亜鉛は年齢と共に体内の吸収率が低下してしまいます。年齢に伴い胃腸の機能が低下するためで、どうしても亜鉛の量が不足してしまうのです。亜鉛はたんぱく質やDNAの合成に不可欠なミネラルですから、年齢と共に髪が細くなりダメージが蓄積したように感じられるのと関連性があるといえるでしょう。
髪の美しさを保つためには表面を覆うケラチンが調っていなければなりません。この物質もたんぱく質でできていますから、年齢と共に亜鉛の吸収率が低下しケラチンが乱れて髪の潤いが失われるとも考えることができます。ケラチンが調わないと光が乱反射して艶髪に見えなくなり、同時に内側にある水分や潤いも逃げてパサつきがちな髪になってしまうのです。
亜鉛は30代くらいの女性で髪の美しさを保てなくなったと感じる方には最適な栄養素なのです。


髪の毛以外にも効果的な亜鉛

亜鉛は約300もの酵素の働きを助けたり、たんぱく質やDNAの合成に関わります。そのため亜鉛の働きは多彩に渡ります。細胞1つ1つを合成させたり、免疫細胞やホルモンの合成などに必要となります。そのためアルコールの分解、育毛効果、免疫力活性化、生殖機能の向上などの働きが期待できます。
そのなかでも一番注目したいのが様々な細胞の合成に関わることです。内臓や肌・髪・脳・生殖器官などあらゆる箇所に細胞があります。それらを合成するために必要となるのが亜鉛ですから、摂取量が足りないと全身に影響を及ぼす可能性もあります。さらに亜鉛は食事からの吸収量がもともと少なく、体に溜め込むことは苦手な性質を持つため、毎日必要な量を摂取しなければなりません。亜鉛は必須ミネラルで体内では合成できないため、毎日こまめに補うことが必要です。
亜鉛を取り入れるためには和食のように海草や魚介類をよく使うメニューを利用すること、手作りの食事を心がけ食品添加物を避けることが重要です。現代は穀物を精製したり、土壌のミネラル低下により野菜に含まれるミネラル量は減少しています。何も意識しなければ現代人はミネラルが不足している可能性があるのです。亜鉛は体の機能を整えるためには絶対に必要な成分だと覚えておきましょう。


亜鉛不足の方必見!育毛にいい生活習慣

亜鉛不足の方は何よりも食生活の改善で亜鉛含有量が多い食品を積極的に摂ることです。亜鉛が多い食品は次のようなものが挙げられますから、できるだけ取り入れてみましょう。

100g中の亜鉛含有量を比較すると牡蠣が最も高くなります。
ビーフジャーキー、パルメザンチーズ、ピュアココアなどは水分量が少ない食品の中ではトップクラスでおすすめできる食品です。しかし牡蠣なら1日に2個~3個くらい食べれば十分な摂取量に達しますから、少ない量で補いやすい食品といえます。
なお1日に必要な亜鉛の量は、厚生労働省の発表によると、成人男性は11~12mg、成人女性は9~10mgとしています。その一方で日本人の平均は7mg前後と摂取量が少ない人が多くなっています。さらに生活習慣の改善で亜鉛の量を増やす方法は次のとおりです。

  • ストレスを解消する
  • 亜鉛はビタミンCやクエン酸と一緒に摂り吸収量を高める
  • 肉体労働やスポーツをする方は多めに摂取
  • 食品添加物を避け、食事は手作りを心掛ける
  • 外食する場合はバランスの良い定食を選ぶ
  • お酒はほどほどに

亜鉛は体に溜め込むことが苦手で、ストレスや飲酒・肉体労働でも多く消費しやすい傾向があります。そのため毎日の生活で消費量を減らし、どうしても不足しやすい方は摂取量を多くすることをおすすめします。食品添加物でも低下しやすいため、できるだけ手作りの食事を心掛けるだけでも摂取量は違ってきます。


亜鉛サプリメントランキング